東京で注目されている葬儀スタイル、家族葬について


近年、東京などの都市圏では、神式 葬儀と家族葬と呼ばれる少人数で行う葬儀が関心を集めています。
これまで主流だった葬儀は、親族や会社の関係者などが参列する大規模なものでした。
そのため葬式にかかる費用はかなり高額で、平均すると100万円から200万円ほどかかるといわれています。
また、従来型の葬儀は参列者の数が非常に多いため、遺族は常に応対や準備に追われ、心休まる時がほとんどありません。

桐ヶ谷斎場では雑務に忙しく、大切な人との最期の時を十分に過ごせないままお別れすることが珍しくありませんでした。
家族葬は従来型の葬儀と比べると安価で少人数制です。
費用は平均すると50万円から100万円ほどで済みますが、従来型と同等のサービスを受けることができます。
家族葬は少人数制を採用することで、人件費や設備費用を大幅にカットしています。
クオリティーは従来型とほとんど変わらないので、質の低下を心配する必要はありません。
地方では依然として従来型の大規模な葬儀が好まれる傾向がありますが、地方と比べて人とのつながりが希薄な都会では、家族葬をはじめとしたシンプルで小規模な代々幡 斎場 が人気を集めています。
都会で家族葬が注目されている理由には、人間関係の希薄化や費用の安さが関係しているといえるでしょう。