企業が抱える人材育成の問題とは?


屋形船

企業が未来に向かって成長していくためには、人材育成が必要です。
しかし人材育成と言っても時間がかかるもので、多くの企業がいろんな問題を抱えてこれについては頭を悩ませています。
昔の日本のように終身雇用が当たり前だった時代は、多くの社員が出世して管理職になろうと頑張ったものでした。
従ってそういった風潮の中では多くの社員が高いモチベーションを持って仕事をしていたため、会社の人事方針としてもやる気のある社員を選出して管理職候補の研修を受けさせるなどの対応がしやすかったのです。

もちろん、頑張って出世すればその分給料が上がって自分の生活が楽になるといったこともモチベーションを高くする要因でした。
しかし現代の日本の企業やサラリーマンを取り巻く環境は昔に比べて悪化しています。
多くの企業の業績が伸び悩み、頑張っても給料が上がらない会社も増えています。
このような状態になりますと、管理職になって責任だけが重くなり、給料がさほど上がらないならば頑張っても無駄だと考える社員も出てくるのです。
こういった社員が存在すると会社の人材育成のプランも立てにくくなります。
また、多くの会社が昔のように課長、係長、室長など、多くのポストを用意しなくなり、管理職になることが出来る人数も限られているといったことも多くの社員のモチベーションを低下させる要因になっているのです。従って人事課はこういった背景をもとに人材育成策を考えなければなりません。