レーシックを受けられる人・受けられない人


営業代行
レーシックとは、角膜の曲率を変えることによって視力を矯正する手術になります。
角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜をエキシマレーザーを照射することによって曲率を変えていきます。
角膜を矯正することによって正視の状態に近づけることができます。
視力を良くしたい人には有効な手術ですが受けられる人と受けられない人がいます。
受けられない人の条件としては、眼球が成長過程にあり、近眼が進行中である年齢の17歳以下の人や、

ホルモンバランスが不安定になる妊娠中や、術後に使用する目薬が母乳を通して赤ちゃんに与える影響が分かっていないためレーシックは受けられないとされています。
また、目に疾患がある場合や糖尿病などを患っている場合にも受けることができず、極端に角膜の内皮細胞が少なかったり角膜が薄い状態の時もムダだそうです。近眼や乱視が強い状態の人も受けられないことになっています。
基本的には、この状態では受けられませんが、クリニックによる条件や症状によっては受けられる場合もあります。
年齢が達していなかったり妊娠中などの条件が合わない場合を除き、どうしても視力を回復させたいという人は一度専門医での相談や術前検査を行なうことをおすすめします。